アイミー国際特許事務所
弁理士法人アイミー国際特許事務所

ごあいさつ

greeting

伊藤 英彦

2002年の事務所開設から、今年が節目の20年目になります。
開設時に最も重きをおいた方針は「クライアントと密接な関係を築くこと」でした。そのために、発明の発掘段階から積極的に関与し、クライアントにとって真に価値ある権利の取得を目指すことを心がけてきました。この方針は、今後も変わることはありません。クライアントの知財戦略およびニーズを理解し、その知財活動の一翼を担えるように努めます。

弊所の強みは何かと問われれば、自信をもって下記の点を挙げることができます。
1.
諸外国の代理人との関係が密であること

この密な関係により、諸外国での権利取得および知財戦略に貢献できます。
2.
各国知財制度を理解した上での
事務管理体制

事務担当を含む全員が、特許、実用新案、意匠、商標、国内、外国の全分野に亘って制度及び法律の知識の習得に努めており、その習得した知識を効率的かつミスのない事務管理体制につなげています。
3.
共通の目標に進む団結力

全員が「クライアント重視」の事務所の方針を理解し、団結して目標に向かって行動しています。
技術の進歩、法改正、業務範囲の拡大等、大きな変化の波が押し寄せてきています。弁理士一人で対応できる範囲には限りがあります。今こそ、団結して力を合わせることが求められています。
私どもは、全弁理士および全所員が一丸となり、クライアントの知財戦略に貢献します。

                           

代表パートナー伊藤 英彦